契約前に必ず確認!アフターサービスの内容も要チェック

アフターサービスが優れているハウスメーカーを選ぼう


注文住宅は、通常の建売物件と比較して数百万円以上購入価格が高くなりますが、好きなデザインや家族のライフスタイルの希望を最大限に反映できるという利点があります。また、注文住宅に長く暮らすためには、木材の劣化の状態や外壁の汚れなどを購入先のハウスメーカーに定期的にチェックしてもらうことが大切です。特に、注文住宅の購入者へのアフターサービスの良しあしについては、ハウスメーカーの方針によって大きな違いがあるため、契約時に具体的なサービスの内容を確認しましょう。例えば、顧客サービスの向上のために、各地域で有力な工務店や設計事務所などと業務提携を結んでいるハウスメーカーは、初めて住宅を購入する人も安心して任せることができます。

注文住宅のアフターサービスの費用にも注目しよう


注文住宅は、耐久性やデザイン性などの面で大きな魅力がありますが、住み心地の良さを維持するために、アフターサービスの優れているハウスメーカーと定期的にコンタクトを取ることが大切です。特に、木材の種類や構造にこだわりのある注文住宅については、数年ごとのメンテナンスの際に高額な費用が発生することもあり、将来的なアフターサービスに掛かる費用について、購入前に担当者に質問をしてみましょう。また、外壁塗装や水回りのトラブルなどは、注文住宅で生活を送るうえで身近な問題として捉えられることがあります。そこで、いざという時に備えて、無料でリフォームの必要性について相談に乗ってくれるハウスメーカーを選ぶことがポイントです。